赤い羽根共同募金

共同募金会小郡市支会のとりくみをご覧いただけます。

 あつまれば 大きなちから 赤い羽根・・・赤い羽根共同募金 

共同募金は、戦後間もない昭和22(1947)年に、市民が主体の民間運動として全国で始まりました。

当初は、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律(社会福祉法第112条以下)に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。

社会が大きく変化するなか、共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ」として、また 市民の皆さまの「たすけあい」「おもいやり」をつなぐ運動として北海道から沖縄県まで全国一斉に毎年10月1日から12月31日まで取り組まれています。

小郡市社会福祉協議会は、福岡県共同募金会小郡市支会として共同募金や災害援助のための義援金などを推進しています。

コロナ禍の影響により、募金活動を取り巻く環境は厳しい状況にありますが、このような時だからこそ、皆さまと培ってきた「つながり」を絶やすことなくこれからも地域づくりにつないでいけるよう、引き続き 皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

赤い羽根共同募金公式ホームページ

令和4年度 共同募金配分金募集について

「赤い羽根」で親しまれている共同募金の財源は、地域の皆さまからの温かい募金からによるもので、じぶんのまちを良くするしくみに活用しています。

令和4年度も地域主体、住民主体で小郡のまちを良くするために、市内で活動される福祉団体やボランティア団体等の活動を支援します。

つきましては、配分募集を9月15日から12月15日まで募集を行いますので、募集要項をご覧いただき、じぶんの地域を良くしようと取り組まれる福祉事業に活用して下さい。

募 集 要 項   

申請書様式(word)     ・申請書様式(pdf)  

申請書記入ガイド


赤い羽根キャッチフレーズ募集
麻生学園小学校 特別賞受賞

ー令和2年12月8日(火曜日)伝達式ー

福岡県共同募金会では、赤い羽根キャッチフレーズを募集しています。

今年は14の学校から2,493点の応募をいただき審査が行われた結果、特別賞に麻生学園小学校が入賞いたしました。
12月8日(火曜日)、麻生学園小学校全校生徒と先生方が見守る中で、表彰の伝達を行いました。
受賞おめでとうございました。